MENU

女性にも加齢臭がある

加齢臭と聞くと、男性のイメージがある方が多いのではないでしょうか。実は、女性にも加齢臭があるというのはご存知でしょうか。加齢臭は、年齢とともに男女問わず存在します。

 

では、この加齢臭とはいったいどういったものなのでしょうか。加齢臭の直接的な原因はノネナールといわれている物質になります。このノネナールは、脂肪酸が分解される際に生成されるといわれています。

 

人間の皮膚表面には、うるおいを保つために皮脂腺があるのはご存知でしょうか。この皮脂腺の中に、脂肪酸やパルミトオレ酸というものが含まれています。

 

ノネナールは、年齢をとるごとにこれらの酸が増加し酸化・分解してできるためにできることとなります。

 

今まで、それほど女性の加齢臭に関しては話題にはなっていませんでしたよね。それは、女性は普段からお化粧品や香水などを使うことでそれほど気にならない、目立たなかったため。

 

しかし、実際には男性、女性関係なく以前から加齢臭というのは存在していたということ。

 

では、この加齢臭は年をとったら諦めなくてはいけないのでしょうか。そんなことはありません。様々な方法で対処することができます。まず、加齢臭は生活習慣と深く関係があるといわれています。

 

まずは、食生活。脂っこい物が好きという方は、これが加齢臭の一番の原因の原因と考えられます。食生活も、加齢臭と大きく関わっているということになります。

 

また、生活をしていると誰しも抱えているであろうストレス。ストレスというのも、加齢臭の原因として考えられます。できるだけ、上手に発散していくことが大切ですね。
その他、運動不足や飲酒・喫煙なども加齢臭の原因となっていることが考えられます。加齢臭が気になるという方は、一度ご自分の生活習慣を見直してみると良いかもしれませんね。

 

原因がどこにあるか、気づくことができるかもしれません。生活習慣を見直すだけで、加齢臭だけではなく健康のためにもなるのではないでしょうか。