MENU

予防

もう年齢的に加齢臭は諦めた…なんて思っている方いらっしゃいませんか。加齢臭は、原因をつかめれば予防することができます。諦めずに、予防してみてはいかがでしょうか。

 

まず、加齢臭の原因となっているのはノネナールという物質。この憎きノネナールの発生を抑えるには脂肪酸を作らないこと。これが出来れば、加齢臭の予防することができます。

 

では、どうすれば脂肪酸を作らないようにできるのでしょうか。それは、食生活の改善から。特に、油っぽいものは控えるようにしましょう。日本人は、体臭が少ないと言われていますよね。

 

その要因の一つは、和食の影響と考えられています。和食は、脂っこくなく肉類が少ないですよね。

 

最近は、お肉を中心に摂る方も増えたため加齢臭で悩む方が増えている傾向にあるといわれています。

 

次に、ストレスを溜めない生活をすること、紫外線を多く浴びないことが予防になります。一見、生活習慣の乱れやストレス、紫外線を多く浴びるということは全く共通点がない様に思われますよね。しかし、いずれも脂肪酸の酸化へとつながるものになります。

 

これは、気を付けた方が良さそうですよね。そして、汗をかいたらこまめに拭き取ることも大切となります。脂肪酸は、汗の分泌により発生することになります。汗を拭きとらず、そのままにしておくのは危険。こまめに拭き取ることも予防になるということ。

 

このように、どれも簡単にできる予防法ではないでしょうか。食生活や生活習慣などは健康にも繋がりますのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか。