MENU

加齢臭と年齢

加齢臭は書いて字のごとく、年齢を加えることで臭いが出てくるもの。嫌なものではありますが、年齢を重ねていくと避けては通れないこととなります。

 

では、女性の加齢臭とはいくつくらいから起こってくるのでしょうか。人によって異なってはきますが、一般的には40代前後からといわれています。

 

それは、加齢臭の原因ともなっている過酸化脂質が増えるため。この過酸化脂質は年齢とともに増えていきますが、人によって量が異なってくるため、度合いや時期などが違ってきます。

 

ということは、若い女性でも過酸化脂質が溜まっていれば加齢臭は発生するということ。

 

実は、加齢臭で悩んでいるという方には30代の方の方が多いといわれています。脂肪酸や脂質の発生は、食生活や日常生活などに大きく関係していますので個人差があります。

 

しかし、太っているという方の方が加齢臭が強くでるといわれています。また、女性ホルモンとも大きく関係しているため、閉経後は加齢臭が強くなるともいわれています。

 

女性は、ホルモンの関係で男性ほど汗をかきませんよね。そのため、加齢臭もそれほど強くでることはありません。

 

しかし、閉経後には女性ホルモンの分泌がなくなってしまうため、加齢臭が強くなるともいわれています。意外にも女性ホルモンと加齢臭には深い関係があるということになりますよね。

 

加齢臭は、時期や程度も個人差がありますので、あまり過敏にはならず普段からケアなどを行っていってはいかがでしょうか。