MENU

口臭

口臭で悩んでいるという方、いらっしゃるでしょうか。口臭は、人と話すとどうしても気になるため、人と話をしたくなくなるという方が多くなってきます。

 

では、口臭とはいったい何なのでしょうか。口臭は、揮発性硫黄化合物といわれるガスが主な原因となっています。その他、アセトンやフェノール、インドールなども原因といわれていますが、口臭成分といわれているのは揮発性硫黄化合物となります。

 

虫歯や歯周病、歯垢などの口の病気も口臭の原因のひとつとなります。また、舌苔といわれる舌の表面が苔の様に細菌や白血球などの細胞が付着する状態も口臭が起きてしまいます。

 

そして、当然ではありますが食べ物やタバコ、アルコールなども口臭の原因となります。にんにくやニラなどを食べた際には、当然強い口臭が出ることとなります。

 

どれも共通しての対策は、やはり歯磨き。食事後は歯磨きと舌磨きが、口臭の予防といえます。

 

その他、口臭がそれのどないのに自分では口臭がひどいと思い込み悩んでいるといわれる心因性口臭というものがあります。自分の口臭はひどいと思い込んでいることから、人と会話することが出来なくなり対人恐怖症になってしまうこともあります。

 

この症状は、精神的に不安定な時期に多く見られ、思春期や更年期などの時期に出る様。こちらは、周りの方のケアが大切といえるのではないでしょうか。

 

口臭の原因は、その他口内の病気が原因ではなく糖尿病、肝硬変、呼吸器系などの病気が原因となっている場合もあります。気になったら、一度早めに病院に行くことが良いのではないでしょうか。