MENU

実は女性の方が…

加齢臭というと男性のイメージが強いですが、実は男女問わず存在します。加齢臭は、年齢とともに増えてしまう過酸化脂質が原因となっています。

 

皮脂が酸化をしてしまい、ノネナールという加齢臭の原因となる物質を発生し加齢臭を引き起こします。ということは、汗をかくことは要注意となりますよね。

 

汗というのは、女性よりも男性の方がかきやすいといわれています。それは、女性は女性ホルモンによって汗をかきにくくしているから。そのため、男性の汗の方が臭いがあり、加齢臭もおこりやすいといわれています。

 

しかし、女性も閉経後になると女性ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

 

そのため、男性と同じ状態になるということ。汗もかきやすくなり、今まではかかなかったようなべたべたした汗をかくようになってきます。

 

実は、閉経後は加齢臭の原因ともいわれているノネナールの量が多くなるため、こういったべたべたした汗をかくようになります。そして、このべたべたした汗は男性よりも臭いがあるのでは…といわれています。これは、気をつけなくてはいけませんよね。

 

汗が原因といわれると、汗をかかないようにしてしまいそうですが、逆に汗をたくさんかいて汗腺を活発にする方が大切になります。時間がある時は、半身浴などを行いたくさん汗をかいてリラックスしてみてはいかがでしょうか。

 

また、暑い時期にはクーラーなどのきいた場所にいることが多くなるとは思いますが、なるべく長時間クーラーにあたらないように気を付け、サラサラした汗をかけるようにしておきましょう。