MENU

40〜50代の加齢臭

今までは、男性だけだと思われていた加齢臭。今は女性にも加齢臭はあるということで、気になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。加齢臭は、年齢とともに誰でもおこるということになります。

 

加齢臭の原因となっているのは、皮脂から出るノネナールという物質。このノネナールは、40代を過ぎた頃から増えていくといわれています。

 

人は、年齢を重ねることで過酸化脂質になっていきます。これは、防ぎようがありません。また、女性の加齢臭の場合には女性ホルモンも関係しています。若い頃は、女性ホルモンが汗をかかないようにと働いてくれたり、臭いなども抑えてくれています。

 

しかし、閉経後には女性ホルモンが減少してしまうため、男性と変わらない状態になってしまいます。今まで汗なんてかかなかったのに…と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

更に、今まではかかなかったようなべたべたした汗をかくようになったという方もいらっしゃると思います。

 

それは、加齢臭の原因となっているノネナールの分泌が多くなってきたということ。気になってくるとは思いますが、あまり過剰に意識しないようにしましょう。

 

まずは汗をかいたらすぐに拭き取る、清潔に保つことを心がけることが大切。女性の場合には、幸いにもお化粧をする習慣がありますからね。

 

そういったものでも、臭いは軽減されてしまいます。ただし、あまり臭いのきついものは使わないようにしましょう。ノネナールと臭いが混ざってしまうと嫌な臭いになる可能性がありますので気をつけましょう。